BLOG

腸内フローラ

腸内環境についてお話します。

腸内フローラ、
という言葉をご存じでしょうか。

腸内には
多種多様の菌が棲息しており、

非常に膨大な菌がびっしりと
腸内の壁に群生している様子が
花畑(フローラ)のようであることから

「腸内フローラ」と呼ばれています。

私たちの腸内環境が
脳への影響だけじゃなくて

免疫力やアレルギーなどに
大きな影響があると、言われています。

もう少し踏み込んで、腸内の菌についてお話します。

「善玉菌」「悪玉菌」という言葉は
聞いたことあるかと思いますが、

実は大腸にはもう1つ
「日和見菌」という菌も
棲息しています。

初めて聞いた方も多いかと思いますが、
この「日和見菌」の面白い性質として、

善玉菌、悪玉菌のうち
優勢な方に変化するという
性質
があります。

しかもこの「日和見菌」は
善玉菌が悪玉菌よりも
圧倒的に腸内に多く棲息しているので

日和見菌が
善玉菌になるか悪玉菌になるかが
腸内環境を改善するための
非常に大きなカギになります。

普段の生活から
腸への負担を減らしておくと
日和見菌を全て味方に
つけることができるので
腸内のバランスが一気に良くなります。

ちなみにこの3つの菌の
黄金のバランスは

善玉菌 2
悪玉菌 1
日和見菌 7

と言われています。

そして善玉菌を
増やす食べ物
としては
やはり発酵食品です。

その他にも、
ゴボウ、ネギ、ニンニク、
バナナなどの「オリゴ糖食品」

こんにゃく、ワカメ、
オクラなどの「水溶性食物繊維食品」

などがオススメです。

私も普段から
有機栽培の野菜や納豆を
多く摂取するように心掛けています。

今日からでもいいので
腸を意識した健康習慣を
取り入れてみてくださいね。



シェアする