BLOG

集中タイム

オレオレ詐欺が世間をにぎわせていますが、弱者の心の隙をついた厭らしいものです。

お金儲けの話に飛びついてしまい、騙された。これが一般的なパターンです。

冷静になって考えてみれば、騙される方が悪いともいえますが、そこは百戦錬磨の詐欺師。

あの手この手で、揺さぶりをかけてきます。

特にセミナー系の商売は、バックエンドといって始めは無料のセミナーなどで人を集めて、自分の成功事例などを得々と話し、信用させたところで最後に高額商品を勧めてきます。

確かにセミナーの話は面白いし、なんとなく洗脳されてきます。2時間近くも繰り返し話されたら、普通の人だったら感化されても不思議ではありません。

しかしこの2時間というのが曲者で、例えばセミナーが1時間で終わるとしたらどう感じますか?

まだまだ冷静は保てるはずです。人は集中できる時間は長くても90分といわれています。大学の講義が90分で一コマですよね。人によっては60分で集中が切れてしまいます。

90分を超えると頭の中はボーっとしてしまい、思考能力が落ちてきます。2時間も継続されたら洗脳の域に入るのはお解りいただけましたでしょうか?

さて、2時間経ったころに高額商材のPRが始まります。このとき主催者側ではサクラとおぼしき人がいるようで、「はい!商品を購入します! そんなに儲かるのならやらねば損ですから」とか、「現金は今ないので、分割でお願いします」などと皆に聞こえるような芝居?をしてきます。

さらに購入を躊躇っていると「皆さん最初は不安がっていますが、相談に乗りますよ。あちらの席へどうぞ」などと狙った獲物は逃がさないぞと、牙を剥いてきます。

セミナーではなくても、絵画の販売もよくある話ですよね。「1枚部屋に飾っておけば、友達が遊びにきたときに、素敵なセンスですね、といわれますよ」「異性にもてますよ」などなど言い寄ってきます。

そんな面倒くさい人から離れる方法は、当然ですが近寄らないこと。これが一番ですが、もし食い下がってきたらの事を考えて、「今日は契約しにきたわけではないから、気が向いたら連絡します」とか「一晩考えてから決めたく思います」などと適当に言ってくことが大事です。

後日電話があっても絶対にでない!これもいい手ですね。しつこく電話があっても無視していれば、そのうち来なくなりますから。迷惑メールがいい例ですよね。

逆に自分がセミナー主催者であったなら、これまでの話の逆を実行すればいいだけの話。セミナーの説明は長くても90分。高額商品といっても数万円で販売すれば十分ですよね。顔と名前を覚えてもらうだけでも良いじゃないですか?

副業の学校~ALL-WIN CLUB~

シェアする